気づけば真夜中

どこかやさぐれた日記のようなものです。喫茶店を巡ったりカメラを携えたり愚痴をこぼしたり…。どうぞゆるりと続きます。

気づけば真夜中

何人もの私が死んだのだろう

冷たい海に落ちてゆく夢を見て

太陽に伸ばした手は何も掴めず

人生と死後を永遠に繰り返した

いつかの延長戦が続いたままで

試合終了のホイッスルは鳴らず

いっそ死んだほうが楽なくらいの

喜びと悲しみのシーソーゲームを生きた

 

いや、生きている

いつかの日から、死んだまま生きている

ゾンビみてえなもんだとカッコつけた

 

自己犠牲、自己否定、自己嫌悪

自己欺瞞、自己喪失、自己矛盾

 

自分なんてただのゴミで

自分なんてダメな人間で

自分なんて大嫌いで

自分に隠れて

自分に傷ついて

自分に嘘をついた

 

死んだ男がゆく 大切なものを失くして

まるで亡霊のよう 俯いても見つからない

 

どこにあるの 君の笑顔

 

雨に濡れて、風に吹かれて、ボロ切れになって

それでも死ねなかったのは なんでだっけ

 

本当?いや、嘘かもしれないけど

これだけはきっと本当だと信じてよ

 

ねぇ、いつか俺が死んだら 少しでもいいから

飲まない缶コーヒーを買って 手向けてくれませんか

あなたとふたり 話したいことがたくさんあるのに

 

いま、幸せでしょうか

届かないメッセージは 

桜の下に埋まったまま

 

死んでもいいと思った あなたのために死ねるなら

誰かのために死んで 自分の命に価値が生まれれば

それが本当の幸せなのです

自分のことを殺して生きてきた自分に

死ぬことで生まれる価値を与えて

生きた証を持たせてくれませんか

 

嘘をついて なりふり構わずに騙して

本当のことすら嘘で隠して 自分すらも欺いた

真実をそのまま話せば だって俺は千切れてしまう

消えてしまいたい 耐えきれない 

そんな場所から逃げたくて 俺は嘘をついた

 

また泣いている

感動的なフィナーレだった

ハッピーエンドじゃないけれど

別にいいさってコーヒーを飲む

 

また、泣いてしまう

 

ぐるぐる回った 犬のように回った 奴隷になった

義務感、自己犠牲、私の価値、軽すぎる命

首輪を自分でつけて可哀想だろって 振り向いてほしくて

手枷をつけて下を向きながら歩いて 奪わないでくれって

助けてほしかったんだろうか 救われたかったんだろうか

 

誰も俺のことなんか興味なくって

俺は他人の目線を窺って生きてきて

死ね死ね死ね死ね死んじまえばいいさ

加速する 手遅れだ どうして俺だけがこんな目に?

鬱病が呼んでいる 必死に逃げるけど捕まってしまう

もういっそ死んじまおうか いいじゃん死のうぜ

死にたい死にたいと思うほど 夜は深くなってゆく

 

 

「おはよう。」

 

 

新しい朝が来て また明日に引きずられる

眼球に差し込む色彩の洪水 優しい歌も今はいらない

ゼロになって ゴミになって 這いつくばって

ゲロ吐くくらい酔って 死にたいって思って

でも死ねなくて それは逃げだと思って

何度も何度も雨に打たれて 心が冷えきって

死ぬまで変わんねえって絶望して

それでも這いずり回って すげえ顔して人生生きてて

 

お前、生きてんのか それとも死でんのか

死んではいそーですかで終わりなのか

死ぬまで生きて 成れの果てになり尽くして

そうやって死ななきゃ 俺は誰のために生きたんだ?

お前、生きてんだろ 死ねないんだろ

俺は死ぬまで生きなきゃ生きてる価値がないんだ

 

 

気づけば真夜中

 

 

午前…今、何時だろう?

静寂に包まれた部屋の中

或る男の物語は続いている

ロスト

 

こころにぽっかり孔が開いたような

そんな気分です。

 

大切な友達をひとりなくしてしまいました。

 

遅かれ早かれすれ違うだろうとは思っていたんですけど、

いざ仲違いして絶交すると寂しいものがあります。

 

「寂しい」…?

彼のことをつい最近まで本当に死ねばいいと思ってたんですけどね。

彼が最近の僕の滅入りようをおちょくってきたのが死ぬほどムカついて、

もうなんか冷めてしまった…そんな感じですね。

 

昔からデリカシーという概念が欠如しててそこが気にくわないこともあったりして、

人一倍他人に気を遣う自分とは全くの正反対の友達だったんです。

けど、気を遣わずに気軽にいろんな話もできて、結構楽しかったりもしたわけです。

語りつくせないほどの思い出がいろいろあります。

 

高校時代からの友達でした。本当に楽しかったです。

 

まあもし何年かしたら…地元も近いんでそのうちばったり会うこともあるでしょう。

そのときは胸ぐらを掴まずに話し合いで和解できればいいですね。

きっと、いい方向にお互いが歩もうとするならば、ですが。

僕はいくら仲違いしても話し合いで解決したい性格なんですけど、

ヤツはとくにそんな感情も持ち合わせていないんでね。

関係の修復は難しいかもしれません。

 

いやあーーーーーーーあぁあ。

 

俺の性格がダメなのかなあと思ってしまう

大切な人との関係がどんどん悪化してしまう

人づきあいってどうするんだろう

どうしてうまくしゃべれないんだろう

 

 

友達がほしいです。

俺はちゃんと大人になれているのでしょうか。

Hello, Kierkegaard.

寒いのか暑いのか…。

だんだん寒くなってきても、日中とかは日差しのなかにいると若干暑くないですか?

暑がりな僕だけですかねえ

最近まで肌着でエアリズムを着てたんですよ

さすがに先週くらいからはヒートテックを着込んでますが…。

 

風邪をひきました。

 

久しぶりの風邪です。

今年の4月の中旬くらいに風邪かな…?みたいなことはありましたが、

それ以降はちゃんと健康を維持してたんですよ。

いやーホント…病は気からとはよく言ったものですね。

 

まーーーー…なんでしょうな、

最近の俺は仕事も上手くいっていないし、小さなミスを連発するし、

骨折をするし、目を怪我するし、職質をされるし、大きな出費がかさむし…。

あまりここでは書けないことも多々起きていますね

この9月から不幸なことが起こりまくっているんですよね。

疲れている(憑かれている)のかなあと…。

 

メランコリーが押し寄せています。

最近はもう死ぬか生きるかしか考えていないですもん。

前回の記事もですけどツイッターとか引くほど狂っていますよ

 

うーん…もう死にたいのは本当なんですけどね

死ねないから惰性で生きているだけというか

心はとうに死んで、それでも引きずられるように生きているので

七転び八起きのゾンビみたいなものです

 

病は気から。

死に至る病とは『絶望』のことを指すそうです。

(ちゃんと読んでないですけど…)

 

俺が生きていくうえでの苦痛と、

俺が死んだ後に遺す悲しみを比べると、

後者の方が俺にとって苦痛なだけだから死なないだけです。

 

ん~~~~~~~~~~~~~~~。

 

とりあえずまた明日から仕事ですね。

生きる意味も気力もわかないままですよ。

死んだような顔をして吐き気を抱えながら、それでも生きていくんです。

死んで悲しむ人がいなくなるまで生きて…

俺の人生それだけなのか?って思いますけど、生きていく中でそれもいつか

見つけていければいいなって漠然と思っています。

 

朝起きてゾンビみてえなツラ下げて出勤しますよ明日も

今日も明日も生きる意味が見つからない

無題

自分のことを殺しすぎて何が本当の自分なのかわからなくなってきました。

 

こんな俺だったら死んじまえとか

うるせえお前が死ねとか

 

そんな自分のなかの戦争で屍が積み重なり、

死体が多すぎてどの自分が死んだのかも

どの自分が生きているのかもわからないです

 

大丈夫じゃないです助けて下さい

まだ生きなきゃいけませんか

 

戯言なのでお気になさらず

酒に酔ってセンチメンタルになっているだけですので

 

死にたいですねもはや殺してくれませんかだれか

そいつに罪を全部擦り付けておわりでよくないですか?

 

終わった方が楽だと思うんですよねどうしても

夢の奴隷になってゲロ吐くほど必死になって生きて

心を鎖でつながれて死んでも引き摺られてそのまま生き返ってゾンビみてえなツラ晒して生きるよりかは誰かに罪を擦り付けて死ぬ方が自分の中でスッキリしていいかもしれないんですよ

 

殺してくれないかなあもう嫌なんですよもう

届かない月

 

とても届かない月を見ている

 

遠い、遠い、白くて、綺麗な月だ

 

 

「月が綺麗ですね」なんて

ありきたりな表現になった

何を話せばいいんだろう こんなにも

愛していると言いたいのに

 

ふたつの足音 どう聞こえているかな

こんなにも溢れ出しそうなのに 僕は

恋愛未満のまま 灰になって消える想いは

闇夜と添い遂げて 月が照らした

 

あなたのこと 多分きっと

こんなにも  想っている

 

 

いつかあなたと 肩を並べて

 

 

届かない月 照らした夜道 いまはひとり 想っている

「綺麗ですね」といつか 君に言えるように

 

赤裸々

カフェチェーンだと僕はタリーズコーヒーが好きです。

特に理由はないですけど、スタバよりは大衆的でなくドトールよりは凝ったコーヒーを出しているからですね。豆とかも買ってみようかと思います。

f:id:sabbath_045:20191104202006j:image
f:id:sabbath_045:20191104202009j:image

珈琲が美味しい季節になりました。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

僕はもう絶賛死にそうになっています。

 

仕事がですねぇ、あまりうまくいっていなくてですね

10月はクソみたいな売り上げしかなかったわけです

新人なんでまぁ別に…って言い訳はできるんですけど、その言い訳ができてしまう自分にも腹が立ってくるというか…いや、そんなことは置いといて

そもそも、仕事について分からないことが多すぎて初期の3ヶ月間のうちに色々知って学んで修めておくべきだったと今になって後悔しているわけですよ。

他の新卒が活躍する中、俺には教育係もつかなければ自分の座る席やパソコンも与えられないで仕事をこの11月まで続けてるんですよ。いやまぁ忙しい店舗なんで「しょうがないのかなぁ」なんて我慢してましたけど流石になんか7月くらいから腹たってきましてね。

仕事を辞めたいとか居場所がないとか、結局は自分に返ってきてしまうイライラを上司にぶつけたこともありました。

8月や9月は徐々に数字も増えて…このままいけるかな?とか思ってましたけどやっぱりムリでしたね。

 

すいませんね、なんか。

僕もまだよく自分の気持ちを整理できてません。

 

職場の人達は本当に優しくて暖かくて、

分からないこと質問してもちゃんと教えてくれるので、

環境としては十分すぎるほどなんです。

 

でも…なんでしょうね。やっぱりダメでした。

 

この「ダメ」っていうのは自分の中の問題です。

それは例えば、

 

職場の若手が僕ともう2人の女性社員で、あとその他の社員さんも女性社員なので、基本的になんでもない会話にも新人の扱いとしても入っていけずちょっとした孤独感がずっと続いていることとか

その若手の女性社員の1人に「実績等による嫉妬からくる羨望」「その娘に追いつきたいという信念からくる個人的なプライド」「純粋な『好き』という感情」などと恋愛未満の感情がずっとうずまいていることとか

まだ仕事に就いて1年未満の若手社員が2人いる中で、僕がこの4月に着任したことにより、教育係や座席の件で解る通り自分があまりこの店舗において歓迎されておらずむしろいなくなったほうが問題も起こさず売り上げも誰かのものを横取りせずいられるため、どっかに行った方が皆さんのために良いのではないかと真剣に思い悩んでしまったこととか

 

…っていうことがあります。

 

 

苦渋の決断だったんですよ。

店舗を異動することって。

この7ヶ月間がパーになるわけですから。

 

それでも、今上に書いたことが少しでも和らげばいいなって思って僕は担当エリアの課長さんに異動を申し出ました。

15日?16日?に異動する予定で、今はとりあえずまぁそんなに仕事しても引き継ぎが増えるだけなんで有給取ってぶらぶらしようと思ってるとこなんです。

いろんな感情が渦巻いてます。

悲しいとか、苦しいとか、期待とか、不安とか…。

俺どうなるんだろうなーって。

 

でもまぁ、とりあえず

終わりが来れば始めるだけ

ですので。

 

今の俺にできることを最大限にやるってことは

たとえ環境が変わっても変わらないことですから

頑張ろっかなーって感じです。

 

自分のこと考えると頭がもにょもにょするんで

あんまり好きじゃないですよね

おしまい!

色々なものが出そうな日々

友達の作り方を忘れました。

 

(そんなシリアスな日記じゃないです)

 

なんかねえ、中高大は同じ部活とかサークルとかに参加してりゃ友達ってできるじゃないですか、ある程度の一般人なら、よっぽど頭おかしいヤツじゃなきゃ

 

中高大と過ごしてきて、友達なんて片手で数えられるくらい…それもあんまり連絡も取り合ってないんですよこれが

話がブッ飛びますけど、僕結婚願望はあるんですよね。んで、いざ紆余曲折を経て結婚式を開くとなると誰を呼んでいいかわからないんですよねこのままじゃ

「新郎のアイツ友達少なくねwwwwしかも友達みんなオタクみてえな奴らばっかじゃんwwww」死ぬほど失礼ですけどこのままだとこんな最悪のケースが予想されるわけですよ。人生一度の晴れ舞台にこんなジメジメした気分で臨みたくないわけですよ奇跡のイフを辿った僕は

 

捕らぬ狸の皮算用

まずは男磨き!いやそうですけど…。

 

社会人になって6ヶ月

あれ、6ヶ月…!?早すぎィ!!!

リアルに仕事場と家とを往復するだけの毎日です

 

どっかにいい出会いの場がないかなーなんて思いますね

え、マジでどうしてんだろ?

どうやったら友人の輪を広げられんだろう?

 

なんかもう、「仕事終わりに映画を観にいったら同じくスーツ姿の女の子がひとり座っていて、上映後ハンカチを落とした彼女に話しかけ意気投合した」みたいな童貞丸出しのラブロマンスが訪れてくれねえかと思いますなぁ

 

少しだけ涼しくなりましたね。

気を抜くと日中まだ少し暑い時がありますけど

 

ちなみに今日は久々のお休みです。

メシ食ったら風呂屋でも行くかなー