読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づけば真夜中

どこかやさぐれた日記のようなものです。

ゴージャス・マーライオン

日記

さて私、数日前に成人…ハタチを迎えました。

いやぁ…めでたいですねぇ、私ももうこれで堂々と風呂上がりにスモークチーズを食べながらお酒を飲んで「プッハー!」とできるようになったワケで…大人の仲間入りという点でも、お酒が飲めるようになったという点でもこの上なく嬉しいですね。

 

ハタチを迎える。ということで、家族以外からは誰にも祝ってもらえそうにない私は「せっかくだからなんか美味しいもの食べたい」と思いました。なんか美味しいもの…高そうな肉…ステーキ…。

ということで(?)、ステーキを食べてきました。

 

電車と徒歩を使ってちょっと高めなステーキを取り扱っているお店に行ってきました。予約してあったのでするりと入店。事前に調べた写真とはイメージが違い、家族連れの方も多々いらっしゃり少しばかり緊張がほぐれました。なにせその道中スマホで洋食のテーブルマナーを復習してたぐらいでしたから…。

私が注文したのは国産サーロインステーキの200gとワイン(デキャンタ)でした。サラダバーを適当に食べながら待っていると…おお、運ばれてきました

f:id:sabbath_045:20160730175741j:image

f:id:sabbath_045:20160730175800j:image

う、美味そう…

これがステーキというもの…そしてワインですか!これを今から食べるとなるとテンションが上がりますねぇ…ではでは、実食をば…。

f:id:sabbath_045:20160730182652j:image

 

 美味い。ε-(´∀` )

程よく弾力があり、咀嚼するたびに肉の旨みが溢れ出して口の中に溶けるような…いや超美味いなコレ…!と、こんな感じで感動しながらモグモグしてました。

 

ここまでは何というか美談?なんですが、今回の経験は終盤にとんでもない地獄が待ち構えていました。アルコールに対する耐性がほとんど無い状態でワインを500ml程飲んだ私は、予想をはるかに上回りベロンベロンになってしまったのでした。

いやだって、ワインだけで1000円くらいしたし折角の機会なんだから残すのは勿体なさすぎる…とか、朦朧とした意識の中で考えていたんでしょうね。なんとか会計を済ませ、(怖いことに本当にどうやって帰ってきたのかがわからない)家に着いた私は案の定我慢のダムが決壊し…マーライオンの如く嘔吐しました…。

こう、胃の中を絞り出すようかのように吐くんですね。初めて経験しました…。

 

さて、そんなワケで思い返してみると数時間でかなり濃い経験を積んだハタチの夏でした。とりあえずうーん、大人としての自覚を持って、節度を持った生活を送っていきたいですかね。