読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づけば真夜中

どこかやさぐれた日記のようなものです。

継続100日ボーナス(は出ず)

ん、今気づきました。

初投稿の記事から数えて今日(10/4)は、私のはてなブログの継続が100日目なんですね。今年の梅雨の時期から何となくスタートして、どうでもいいことを「あ、そういえばやってないわ」と思い出したときにダラダラ書きなぐるスタイルを続けてきましたが…。どれどれと読み返してみると…もうほんとに、どこに需要があるのかわからない地味な大学生の日々の出来事をつらつらと文字に起こしているだけで、あまりのメリハリのなさに

「一体なんだこれは…」

とおったまげたものです。これだけ継続しているとはてなブログの機能も使うことが出来るようになってくるもので、他のユーザーさんのブログをチラ見して私のページに戻ってくるとそのやる気の違いがありありと見て取れるんですね。いやでも、撮った写真とかも載せようとしているんですけど、どうもこのPCが壊れているみたいでカメラから写真を取り入れることが出来ないんですよね…くまったくまった。

 

そんなワケで(?)、ちょっと背伸びをした習慣をこのブログに書き込みたいと思います。先日秋学期が始まり「いやあ、もう来期には3年生だし就活も意識しなきゃだし、なんか教養を深めておきたいなア」と漠然と考えていました。何か、自分のためになってずっと継続して続けられる学習はないものかと…。私は大学生になって、それまでの学生期よりは多少は積極的に本に触れることが多くなり、実生活でも本屋に赴き自分が気になっているトピックについての文庫本などを衝動買いすることがあります。そこで、(トピックは何でもいい)自分が気になっている本を読みその感想と意見をこのブログに書き込めばいいんじゃね?とひらめきました。その名も「読了感想文」。1冊週3のペースで本を読み終え、感想をこのページに書き込んでゆく…の繰り返し。社会人になるには、まだまだ身に付けておくべき社会の事実などが足りていない私にとってはピッタリだと思いました。

 

まあそんなワケで、早い話が私の「ジブン課題」にこのブログを利用してやろうということです。さあ、頑張って読み進めますよー。

だんだんとかなり涼しくなってきました。四季の中で秋が一番好きなんですよ。これでジメジメの雲と空気が吹き飛んでくれれば最高なんですけどねぇ。風呂上がりにお茶と和菓子を用意して、ゆっくりその美味しさを味わいたいものですね。