気づけば真夜中

どこかやさぐれた日記のようなものです。

Silent night memories

 今宵はクリスマスですね。

 

家族は共にこの日を祝い暖かい団欒を囲み、

恋人たちは互いの愛を確かめ合うこの聖なる日…に、

ひとり身の寂しい大学生の私は突然シフトが入ってしまいました。


まぁ、「いやぁ〜明日も結構忙しいんだよねぇ〜○○くんが入ってくれると助かるんだけどねぇ〜」なんて言われたら「そ、そうですか…?じゃあ少しだけですけど…」って引き受けちゃいますよ。我ながら誰かに必要とされるとちょろいもんです。

 

そんなワケで(?)今夜はケーキを食べますよ。
ええ、もちろんひとりで。

 

f:id:sabbath_045:20161225014717j:plain

 

いやあ、可愛いケーキだ…。

モンブラン、イチゴのタルト、ベリー乗ったケーキ(語彙不足)…お味はとてもおいしかったですよ。初めて買いにいったこのお店も、隠れ家的&落ち着いた雰囲気でかなり気に入ってしまいましたね、何か記念になる日にはまたこのお店に訪れご褒美を買いたいと思います。いやー、満足満足。

 

さて、今年はおひとりでしたけど、来年こそは誰かと一緒に小さいケーキを食べて過ごしたいものですね。(言うだけタダですからね。)けどまあ、こうやって一人の時間をゆっくり過ごすのも、今でしかできないことですからね。

 

当分はいわゆる、「ソロ充」を満喫する私でした。