気づけば真夜中

どこかやさぐれた日記のようなものです。

Vanishing

最近の天気は不安定で、気持ちよく洗濯物が干せません。

アイフォンの天気予報をチェックしてもここ五日はずっと曇り/雨マーク。

どうしても部屋干しはにおいが気になるからあまりやりたくないです。

 

さて、2017年7/24を過ぎ、私はまた一つ年を重ねました。

 

現在私は大学生。今日から一週間の間に前期試験が控えているため、特別これといってお祝い事や遊びに行ったりなどは考えていませんでした。別段そんなにパリピ体質な私ではございませんので、まあ特別な日とは言えども至ってふつーの日常でした。洗濯物が思ったように干せない、スマホゲーのガシャで爆死した、明日からの試験日程に備えて『どうしてこうなるまでに放っておいたんだ!』と自分を責めまくっている…そんな一日です。

 

でも、本当のことを言うと少しだけ寂しかったり?もするわけで…、

SNSとかで誰かの祝い記事がTLに流れてくると、やっぱり自分と比較してしまいます。

「俺はどうして一人なんだ?」とか「どうせうわべだけの関係だ」とか「今は別に一人でもいい」とか、思考をどんどん巡らせて自分の正当性を維持しようと必死なんですけど…そうですね、でもやっぱり「いいなぁ」と思ってしまう自分が存在します。

必死に探した自分の言い訳を押しのけて、でもやっぱり、自分がこんな風に誰かの人間関係の輪の中に在って輝けたら…どんなに嬉しいことだろうなあと思います。

 

だけど、

自分には手が届かないとわかっている。

そしてそれを自分が十分に理解している。

だから私は、別に今が一人だってかまわない。

 

うーん…。

 

やっぱグチグチ理由を並べるのも俺の悪い癖ですね

誰かに必要とされたくて、誰かに認められたかったんですね

結局俺は、21歳になってもその精神は子供のままで、我慢比べと逃げ足だけが達者になっただけの少年のままでした

過去には友人も恋人も居た。家族にも恩師にも恵まれて育った環境が少なくともこの俺を造っているだけに今は…

 

少しだけ、寂しいかなあ

 

たまに友人と飯を食ったりすると結構楽しくてですね、頭をフル回転させて話題を引っ張り出したり冗談を言ったりして…一人は気楽でいいんですけど、こういう機会に身を投じている自分の方がやけに活き活きとしているというか、純粋に楽しかったりもするわけです。

例によってなんだかわけがわからなくなってきました。

 

お祝い事とか遊びとかは考えていなかった、とありましたが、最近ずっと資格の勉強に四苦八苦していてストレスが溜まっていたので、晩飯は思い切って鰻を食べに行ったのでした。 f:id:sabbath_045:20170725013122j:image

美味しかったですとも。

ああ誰かと一緒にこういう食事が出来たら、

もっと楽しいだろうなあ

そんなことを考えていた誕生日でした。